きれいな時間

メイクは、何かあるとマスカラをつけるくらい。ビューラーもしません。メイクに一生懸命になる青春を逃してしまって、代わりに、コスチュームジュエリーやファッションに夢中になってしまった(笑)。生活の中で、私が最優先するのは「気持ちのいい時間」。時間の使い方も、自分がしたいことができれば満足なんです。

一日のうちで、私はいちばん朝が好き。気分が沈んでいるときも、一晩寝れば、立ち直っています。眠るのは、上手だと思いますね。起きるのは、ときには4時。たいてい、5時とか5時半とかに起きます。考えごとをしていることが多くて、仕事に行く前も、メイクをする時間があったら、5分でも10分でも、考えをまとめる時間にしたほうが気持ちがいいんです。

スキンケアだけでその日を気持ちよく過ごすことが、私にとっては充分、かつベストなチョイス。だからこそ、つけるだけできちんと効果のあるものを選びたいし、使いたい。朝はローションと乳液、夜はクリームまでつける。ときどきパックもします。このローテーションは、気持ちのいい時間を過ごすために欠かせないものになっています。

10代から「目尻のシワ、多いね」と言われてきました(笑)。でも、この年齢になると、目立たないほうがいいかなと思って、アイクリームをたっぷりつけています。実際、調子はとてもいいです。肌って、正直ですね。手をかければ、応えてくれる。今は、朝晩の気持ちのいい時間が、私にとっての「きれいな時間」になりました。